★長野県岡谷市を拠点に活動する南信1部リーグ所属の社会人サッカーチームです★

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第20回 長野県クラブチームサッカー選手権大会


※1回戦 Final Result


※独自集計の為 公式結果参照して下さい。


【於:2013年 5月5日】


◆富士電機松本 3-2 吉田SC


◆諏訪FC 2-1 AFCファディカーレ


◆マツセロナ 1-0 須坂シティ


◆相沢病院 1-0 バルディオ長野


◆DAISHARIN 2-0 アルテビオ岡谷


◆神川FC 1-0 MJ’S


◆アルティスタグランデ 4-1 セイコーエプソン


◆池田FC 1-1(PK4-3) テンペスト


◆FC丸子 3-1 FORCA



【2回戦予定 @2013年6月2日 県内各地】


◇中野エスぺランサ - 富士電機松本

◇諏訪FC - マツセロナ

◇TOPSTONE - 相沢病院

◇DAISHARIN - 日精樹脂

◇MACSALTO - 神川FC

◇アルティスタグランデ - YSエストレーラ

◇フォルツァ松本 - 池田FC

◇FC丸子 - アザリー飯田


スポンサーサイト
クラブチーム選手権1回戦 雑感(あれこれ)です。


対戦相手のDAISHARINさんとは


先日のカップ戦2回戦(2-4敗戦)と同一カードなのでリベンジマッチです!


前回の反省や対戦して肌で感じた事をミーティング内で行いました。


HASEやSATOSHIを中心としたミーティングは今迄にない位に纏っていたし


アップの際も本当に集中してて監督なのに思わず


『何だか良いチームになってきた』と呟いてしまったほど。


だから試合の入り方は最高だったが


いざ開始すると実力通りに相手に決定機を作られる。


前半は精度に助けられた感じでしたが後半に入っても相手の支配率の高い中


アルテビオも攻撃的になるがフィニッシュ精度の問題で得点を奪えず。


そんな中PK戦も視野に入った後半残り5分・・・。


アルテビオのDF陣のハイボールの処理ミスから


キーパーがキャッチした際相手と接触しこぼれた所をバシッと決められ先制を許す。


まぁありゃ昔なら完全ファールなプレー(キーパーチャージ)かなと。


今のルールとは言え


俺から見たらキャッチ後の接触だから完全にファールだと思っていた。


チクショー!またタラレバだが。苦笑


意気消沈後に立て直そうとするが直後にまたもやミスから失点を献上。


全体的に考えると球際の強さは、さすが県リーグのチームだと思いましたね。


アルテビオとしても崩された感はなかったので残念ではあったが


格上相手に隙を突かれた所は大いに反省したいし


隙を突くチームにならなければと同時に感じた試合であった。


新戦力も調子良かったので南信リーグまでに


チーム力の更なる向上を目指してトレーニングに励みたいですね。(^^)v

<第20回 長野県クラブチームサッカー選手権大会 1回戦 Final Result>


【日 時】

2013/5/5(日) 11時40分 KICK OFF


【場 所】

犀川河川敷グラウンド


【試合結果】

アルテビオ岡谷 0-2(0-0) DAISHARIN


【得 点】

後半24分:DAISHARIN
後半27分:DAISHARIN


【警告】

アルテビオ岡谷:NO.11


【STARTING MEMBER】


GK:IKEDA

DF:HASEGAWA・YUTAKA・MOTOKI・SATOSHI

MF:BUCHI・FUJI・KYOHEI・RYOTA・MIYA

FW:SHIGE


【RESERVE MEMBER】

UEMURA・NOBORU・ISHIHARA

【BENCHI】

監督:ISHIHARA

【交代(アルテビオ岡谷)】

HT分  RYOTA ⇒ UEMURA

後半5分 KYOHEI ⇒ NOBORU


※雑感は後日

【大会名】:第20回 長野県クラブチームサッカー選手権大会 1回戦


【日 時】:2013/05/05(日) 11時40分 KICK OFF


【場 所】:犀川河川敷グラウンド(長野市)


【相 手】:DAISHARIN(NFL2部)



<審判担当>


【日 時】:2013/05/05(日) 11時40分 KICK OFF(代表者会議:第2試合HT 12時10分)


【試 合】:神川FC VS MJ’S CLUB 


【副 審】:2名(未定)


【補 助】:アルテビオ岡谷 全メンバー



前回敗戦した相手との再戦なのでリベンジ出来るように頑張りましょう!!!


アルテビオファミリーの熱い御声援を宜しくお願い致します。


昨日のアザリー飯田戦の雑感です。


試合開始前から強風と豪雨のコンディションが最悪の状態。


試合前ミーテイングでディフェンスの仕方と攻撃でのポイントを伝えましたが


私の予想を遥に上回る運動量でアザリーさんとのゲームの入り方が出来た。


アルテビオの方が動きが良かった前半開始8分にSHIGEが相手の裏を抜け出し先制!


後半開始早々にサイドから崩され中で華麗に合され同点に。


同点以降は完全にアザリーさんペースで進むも


アルテビオの選手達はしっかりとブロックを形成し失点を許さない。


守備でリズムが出てきた後半残り4分にまたもやSHIGEが相手を突き放すゴール!!!


そしてAT表示・・・4分


後は怪我明けのスーサンを入れるタイミングだけ。


俺の時計で33分


相手のコーナーキック


アルテビオは必死のクリアも再度コーナーキック


ラスト1PLAY。


サイドでも何でもクリア出来れば勝利だ!美すずの奇蹟になるぞ!


そしてコーナーキック


しかし…混戦から合され同点ゴールを奪われる。



選手交代しキックオフ・・・無常の終了のホイッスル


何回も見たあの時のオフト監督や代表の落胆した表情が蘇ってしまった。苦笑


まさに ”美すずの悲劇”


その後のPK戦は実力と相反する事もあるので


実際は負けたけど勝ったかも知れない。


それよりも試合で勝ちきれなかったのが残念でした。


あの10秒…あと数秒 集中力はあったんだけどなぁ(>_<)


正にゲームで負けて学んだ貴重な体験でした。


今回はこのカップ戦で


アルティスタさんに勝利しアザリーさんを土俵際まで追い込んだ事を


過信せず少しの自信を持って南信リーグを全力で闘いたいですね!




最後に雨も降る寒い中 熱い御声援を頂いた


ジュニアユースの関係者や四審を務めて頂いたMOROさんに感謝致します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。