★長野県岡谷市を拠点に活動する南信1部リーグ所属の社会人サッカーチームです★

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある指導者の方から教わった言葉。


『育成年代の子供には熱を与えず光を与える事』


最初に聞いた時は理解に苦しんだ。


熱と光の違いは何だろうと自問自答を繰り返したが


答えは見つからない。


自分なりの熱と光の解釈として


【熱】 過剰な期待や強引な指導


【光】 方向性を導いて待つ事


こんな感じでしょうか?


その指導者の方に聞いても『自分で答えを探しなさい』で終わっちゃうんだろうけど。苦笑



今の自分の指導の方向性としては


1.オンザピッチとオフザピッチを必ず繋げる事。


2.やらせてみる、言ってあげる、やってみせる、誉めてあげる。



でも、やっぱり話し出すと熱くなってしまう。



熱くなってしまった結果


生徒の心に響かず、響いたのは座ってたお尻の痛さだけだったりするんだなぁ。苦笑



今必要なのは、優秀な指導者から指導の極意や哲学を学び


自分にとっての更なる引出し能力を上げたい。


明確な答えを見つけるには、日々の努力が必要になる事を考えると


やっぱり指導って奥が深いなと感じます。


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://altevio.blog61.fc2.com/tb.php/802-cc7e219d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。