★長野県岡谷市を拠点に活動する南信1部リーグ所属の社会人サッカーチームです★

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく”ついて良い嘘”も世の中には存在する。


時には”破って良いルール”も存在するのだろうか。


部活動に於いて


完全下校時間やテスト前の部活動の禁止がある。


しかし・・・。


テスト前の禁止期間で朝練習を行っていたと聞く。


部活動ではなく”個人活動としての自主練習”として。


あくまで個人見解として禁止事項に対し肯定する訳ではないが


『あいつらバカヤロー!すごく嬉しいじゃねぇか!』


そんな気持ちにさせられました。


それだけサッカーに対して純粋に取り組めている行動かと思う。


そのルール違反に対して俺は絶対に叱れない。


仲間との時間の大切さと、かけがえのなさに気付いたとしたら


自ずと個人のエネルギーが拡大し他メンバーに拡散していくのだろう。


それが限られた時間を共にする『大切な仲間と行うサッカー』の集団になる。





でも・・・やばいな。


俺が肯定しちゃうと、皆やりだしちゃうな(>_<)


この前 ”規則正しく”って言ったばかりなのに。苦笑



12月15日(日)に岡谷市で4級審判員取得講習会が行われます。


我が中学校では1・2年生20名と保護者の数名の方が受講します。


ただ資格を取得するのが目的ではなく


選手として競技規則を覚え審判とは何かを学んで欲しい。


どの大きさのフィールドでプレーするのか。


どの大きさのゴールを目指し守るのか。


どの大きさのボールを使ってプレーするのか。。。etc


大きさは『この位』じゃなく決まってるし


ボールも『5号球』だけじゃダメだからね。。。etc


競技規則も判らないまま


『ファール!』・『オフサイド!』・『壁が近いよ!』って言ってもダメ。


全てはルールがある中でサッカーは行われる。


私生活みたいに


『そんな規則誰が作った!クソだ!やってらんね!ぜってぇ守らねぇ!』


…と言っても


サッカーでの規則違反は警告・退場対象になるって事。


当り前だが好きなサッカーやるなら”規則正しく”に繋がる。

今日も寒い中、TRを無事終了いたしました。


中には半袖・半ズボンの違う意味の気合の入った選手もいましたが。(苦笑)


今の状態としては目標に向かって


意識や想いの強さや情熱がモチベーションになっていると思う。


雰囲気としては『馴れ合い』の部分も時折出てしまうが


TRでも『本気モード』で取り組める生徒が増えてきたのがチョット進歩したところ。


やっとTRで本当の意味のコーチングを言える生徒が出てきた事で


”この仲間と共に闘う”・”この仲間と勝ちたい”意識が強く芽生えてきたのだろう。


辛くて苦しくても


全力で乗り越え仲間と本気で熱く過ごす事でチームの絆が強くなる。


個の力ではとても勝てないチームなので


仲間=チームの結束力で最高のチームになれば良いね♫



今の取り組み方で未来が笑顔で包まれる。


そう信じたい。


そんなチームに俺も乗っかるから(笑)


めっきり寒きなって来ましたね。


社体でも生徒達は、まず寒さとの闘いからスタート。


もちろんコーチの私も同様です(苦笑)


とにかくグラウンドが使えなくなるまでは何とか頑張り続けたいと思います。


体育館に移行すると


ボールを使えない施設もあるので体幹や体力強化になります。


この冬の時期のTRは今ではなく来期を見据えたメニューになり


楽しさよりも辛さの方が勝るかも知れない。


でも全ては「常笑サッカー」に繋げるため。


残り・・・あと7か月(^_^)/


外部指導者として社会体育を活用し生徒と携わらせて頂いているが

部活動に関しては顧問の先生の指導と

顧問がいない場合は自主性に任せています。

この「自主性」について。

社会体育の際に生徒は本当に一生懸命に取り組んでいます。

では本来の「部活動」はどうなのか?

あくまでも噂の段階ではあったが「あの部活動で大丈夫?」との情報があった。

生徒を信用している以上そんな事はないだろうと。

自分の目で確かめれば納得いくだろうと。

それにコッソリ観に行っても大丈夫だろうと。

自信満々で観戦しましたよ(^^)v


「・・・。」


久しぶりに唖然とした。

って言うより残念で悔しくて注意したくても足がグラウンドに向かなかった。。。


先日の社会体育の最後のミーティングの際に生徒に聞いてみた。

「部活動っていつもあんな感じなのか?」

生徒もビックリしたのだろう。まさか私が観ていた事を。。。

案の定、生徒の口が重い、顔を見合わせる。

時間が経過するうちに「いつもです」と勇気を持って話してくれた生徒が現れた。

恐らく彼も言いたくても言えなかったのだろう。

聞き出すと、ほとんどが「いつもです」の雰囲気。。。

本当に爆発しそうで自分が怖かった(>_<)

あの新人戦後の涙に生徒達の今後の成長を期待した。

あの涙があったからこそ部活も社体もより一層の取り組みが出来ると安心した。

あの涙って何だったんだ!!!

悔しかったんじゃないのか。勝ちたかったんじゃないのか。(>_<)

疲れたな。。。


今後の部活動について

朝練が禁止になったり放課後も規制される事が予測されている。

それに今の時期、放課後の部活時間は1時間もありません。

なのに・・・だ。

俺はサッカーは楽しくやるものだと思っている。

でもね

周囲の人達が

「サッカー部一生懸命楽しそうにやっているね」

「サッカー部ふざけて楽な部活だね」

どちらが良いのか。。。本人達が一番体現しているから判るはず。

俺は思うよ。

楽しい時や嬉しい時は倍になる!

辛い時や苦しい時は半分になる!

だとしたら

かけちゃいけないのが「迷惑」であり

わっちゃいけないのが「自己責任」である。


色んな思い想いを押し殺し


俺は初めて生徒に頭を下げて伝えたかも知れない。

「ふざけたり協力しなかったり楽したりするのは勝手だけど

 頼むから一生懸命に取り組もうとしている仲間に迷惑をかけるな」・・・と。


俺自身そんな言葉を言うとは思ってもいなかった。言いたくなかった(>_<)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。